FC2ブログ

電気

プライベート
03 /29 2011
長い時間パソコンに向かうのも節電に逆らっているのか…と考え、最近更新を控えていました。

まだまだ余震は続いているものの、
給油待ちの車の列が減っていたり、スーパーで一時、買えなかった卵や牛乳を見かけると
「普通」の毎日が戻りつつある事に安心します。

今回の震災で、私は始めて一日を超える停電を経験しました。
オール電化のうえ、災害への備えが全く無いわが家ではプチパニック状態
(現在も電気や水が使えない被災地の方に比べればたった一日の停電で済み、とっても幸いなのですが。)
電気に頼りっぱなしで、節電とは無縁な生活をしていたワタシは電気に限りがあることすら考えることがありませんでした。

千年に一度と言われる程の大惨事。
今回の震災が生活の在り方を問うきっかけになったのも確かです。
人のいない部屋の電気は消す。
そんな当たり前の事すら出来ていなかったことを反省しながら生活を見直していかなきゃ!
また「普通」の生活に浸かり、この大惨事や被災者の方の存在を忘れてしまわないように。 
スポンサーサイト

staub

(株)さとう電熱:電気工事、薪ストーブ、融雪、太陽光発電、イルミネーション工事など

「さとう家」:家族構成 パパ ママ(わたし) aki(11歳 男の子)rio(9歳 男の子)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。